ジャスミンライス(タイ米)は日本米よりおいしい?おすすめ料理をご紹介 | ボーダーレスネット世界トラベラー

ジャスミンライス(タイ米)は日本米よりおいしい?おすすめ料理をご紹介

ジャスミンライスをご存知でしょうか?

タイで作られている、タイ米の中で最高級品種がジャスミンライスになります。

「日本人にはタイ米なんてパサパサして美味しくないし、やっぱり日本米こそ世界最高のコメだ」

と思っている日本人が多いのでしょうね(特に年配の人)。

でも、食わず嫌いの人が多いだけで、実際食べてみたらその美味しさに驚くと思いますよ。

私自身は現在日本米よりもジャスミンライスの方が好みですね。

私が和食よりも洋食好きなせいかもしれませんが。

「ジャスミンライスは本当に美味しい」

この事実を今まで知らなかった私はなんだか人生を損したような気分になっています。

ただ私に限らず、ジャスミンライスの美味しさは案外多くの日本人に浸透していないようです。

やはり日本には日本のお米がしっかり根付いていたり、昔のタイ米緊急輸入の時の「タイ米は美味しくない」という誤解が蔓延っていることが影響している気がします。

 

衝撃を受けたジャスミンライスのおいしさ

 

私がジャスミンライスというものを初めて食べたのはシンガポール旅行に行った時です。

シンガポールの名店と言われる店で海南鶏飯を食べたのですが、ハッキリ言って驚愕のおいしさでした。

チキンはもちろんおいしかったのですが、驚いたのはライスの方。

パラパラした食感でしたが、すごくチキンとマッチしていたんですね。

その時は、ただおいしいお米だなあと感心しただけでしたが、日本に帰国手から、あれがジャスミンライス(香り米)というお米だと初めて知りました。

 

ジャスミン米に向いている料理

 

カレーやチャーハン・ピラフが好きな人は、米をジャスミンライスに変えてみてください。

水気の少ないパラりとした食感が、これらの料理にピッタリなのです。

チャーハン・ピラフなどの炒めるタイプの米料理、カレーなど汁気の多い料理は、水気の少ないパラリとした仕上がりが必要なので、日本の米よりもジャスミンライスを使った方が簡単に美味しくできます 。

それから、意外ですがおかゆもジャスミンライスの方が美味しくできます。

香港で食べるお粥は、絶品だったという日本人がいますが、あれはジャポニカ米ではなくインディカ米が使われています。

日本の米はモチモチして粘り気があるので、おにぎりとかお寿司みたいに塊を作るタイプの料理にはぴったりです。

 

ジャスミンライスの購入方法

 

ジャスミンライスの美味しさを知ったら、みなさんも普段の食事にもぜひ取り入れたい思いますよね。

でも、残念ながら近所にある普通のスーパーやデパートでは、ジャスミンライスはなかなか手に入らないんです。

米穀店の通販で簡単に買うことができます。

送料がかかってしまうことが多いので、ある程度の量をまとめ買いするしたほうがいいでしょう。

家族が少ない人やそれほどしょっちゅうジャスミンライスを食べるわけではない人は1 kg 袋単位で買うのがおすすめです。

通販では値段はピンキリですが、一番安いもので1 kg 680円というのがありました。

タイ米の最高級品という位置づけのジャスミンライスを日本の高級米と同じかそれ以下の価格で買えてしまうのは嬉しいですね。

日本の米よりもGI値が低いジャスミンライス

 

カロリー的にはジャスミンライスの方が日本前よりも高いのですが、GI値は日本前84に対して、ジャスミンライスは50前後です。

全ての病気に関係する、血糖値の上昇が抑えられると言うのは大きなアドバンテージではないでしょうか。

血糖値の上昇は肥満にも直結するファクターです。

東南アジアの人に肥満が少ないのは、タイ米を食べていることが関係あるかもしれません。

 

東南アジアへ海外移住を考えている人達へ

 

海外に移住する人達の悩みて大きな要素を占めるのは、食事の問題です。

特に日本の米がなかなか手に入らなかったり、かなり値段が高くなってしまうということが多いのです。

その対策として、日本にいる間に東南アジアの米ジャスミンライスに慣れておくというのはいかがでしょうか。

ジャスミンライスを食べているうちに、どんどん東南アジア大好きなることは請け合いです。

 

 

コメント