海外在住者必見!日本のテレビ番組が格安・無料で視聴できる方法 | ボーダーレスネット世界トラベラー

海外在住者必見!日本のテレビ番組が格安・無料で視聴できる方法

 

皆さんがこれから海外移住するとして、1番寂しいと思う事は何でしょうか?

もしかするとそれは「日本のテレビ番組が見れなくなる」と言うことではないでしょうか?

 

私も海外旅行に行った時にホテルのテレビがすべて外国語放送だったりするとなんとなく心もとない気持ちになったりします。

実際にはテレビは食事時ぐらいしか見ないのですがテレビをつけたらいつでも日本語の放送が視聴できると言うのはやはり絶大な安心感があります。

 

海外移住の精神的な安定の対策として、海外にいながら日本のテレビを見ることができる方法を調べてみました。

 

Slingboxがあれば日本と変わらないテレビライフが可能

 

いろいろ調べてみた結果、海外で日本語放送見るためには

Slingbox(スリングボックス)という機器がベストチョイスでした。

 

 

この機器を設置すれば、日本で受信した番組をインターネット回線を介して日本の他の地域及び海外へでも映像を視聴することができます。

Slingboxの価格は4万から5万程度で購入でき、1度設置してしまえば、必要な費用と言えばネット回線料と機器の電気代だけで、月額利用料などは一切かかりません。

 

ただし、ひとつだけクリアしなければならない条件があります。

 

日本のテレビ番組が視聴可能な日本のどこかの地域にこの機器が置ける

 

これが利用の条件になります。

勘違いしやすい部分ですが、Slingboxを自分の住んでいる海外の自宅に置いても利用できないわけです。

 

普通に考えれば、自分の実家か友人の家ということになりそうです。

地域としては沢山の放送が受信できる関東地方が良いでしょう。

 

Slingboxとチューナーがあれば番組を受信できるのですが、チューナーだけでは録画ができません。

チューナー内蔵の録画レコーダーとSlingboxをセットで使うことで、海外からリモートコントロールで録画操作までできてしまいます。

下記がSlingboxの対応レコーダーですが、大手メーカーのほとんどの録画レコーダーに対応しています。

 

対応機器リスト(レコーダーなど)

https://www.slingbox.jp/support/remote.html

 

Slingboxは下記の2機種があります。

Slingbox M1 無線対応(WIFI)

Slingbox 350 有線対応(LANケーブル)

 

Slingbox 350は旧タイプでSlingbox M1の方が新しいです。

どちらも、Amazonで簡単に購入することができます。

 

ルーターとSlingboxが離れている場合は無線タイプのSlingbox M1がいいということになります。

光回線であれば無線でも映像配信に支障はないと思いますが、出来れば有線で繋いだ方が確実でしょう。

 

 

日本電視台なら「完全無料」で日本のテレビ番組が見られる

 

日本のテレビ番組を無料でストリーミング配信している「日本電視台」というサイトが存在します。

4分ほどの遅れはありますが、ほぼリアルタイムで下記の日本のキー局のテレビ番組が視聴できます。

 

日本テレビ
テレビ東京
テレビ朝日
フジテレビ
TBSテレビ
NHK
Tokyo MX

 

ただし、地デジ放送のテレビと比べると画面はかなり粗い感じです。

ストリーミング配信なので、録画もできません。

大晦日などアクセスが集中するときはサイトが表示不能になることもあります。

それと、グレーゾーンのサイトなので、いつ消されてもおかしくありません。

 

ということで、ベストのやり方は

 

①普段はSlingboxを使って高画質なテレビ視聴と録画を行う。

②何らかのアクシデントでSlingboxからの映像が見えないときは、日本電視台を利用する。

 

ということになります。

 

このシステムが完成してしまえば、自宅の中では日本に住んでるのとほとんど変わらない、海外移住ライフが楽しめますね。

 

 

 

 

コメント